2007年06月13日

東亰異聞を読みました

小野不由美さんの『東亰異聞』
をやっと読み終わりました。

古典調なので読みにくかったけど
独自の世界に引き込まれました。

妖怪ものと思いきやミステリー風
お家騒動的ドロドロな謎解きへと
めまぐるしい展開で楽しめました。

十二国記など世界観を作り上げる
のが上手い作家さんですね。

これからツライ梅雨になりますが
じっくり読書もいいですね〜!

toukeiibun.jpg
posted by nobu at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44698301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 十二国記『十二国記』(じゅうにこくき)は、小野不由美の一連の小説作品群の呼称である。古代中国思想を基盤にした異世界ファンタジー作品。2007年時点で未完。原作の売り上げはシリーズ累計700万部に迫るほ..
Weblog: 文学・古いものから今まで
Tracked: 2007-10-17 13:23